トップページへ戻る > 手作りをしてみる

手作りをしてみる

収納ボックスを使って上手に片付けられていれば、散らかりにくい部屋になります。

自分に必要なものをきちんと収納ボックスにまとめて収めておけば、使い勝手の良いものになると思います。お手ごろ価格でさまざまな色の収納ボックスが購入できると思います。しかし、ただ積み重ねるだけでは、入れたいスペースにはまらないから使えない、なんてことはありませんか?

そういう場合には、手作りの収納ボックスなど作ってみてはいかがでしょうか。
手作り収納ボックスの元となる材料は、ホームセンターで手に入れることが出来ます。

板材とネジさえあれば、形は出来上がります。色があったほうがいいというのであれば、塗料も購入して自分の好きな色で仕上げるのもいいと思います。このように、手作りの収納ボックスは、夏休みの課題などにも役立つので、親子で作るのもいいでしょう。

自分の入れたいと思うところに入れるための収納ボックスを作成するには、それなりの計画と計算が必要になります。入れるスペースの高さと幅と形を考えて、組み立てるためにはもく版を切断しなければいけません。サイズはわかっても、切断が出来ないという方は、ホームセンターで切断してもらうのがいいでしょう。

あとはネジ、または釘で打ちつけて、組み立てていけば完成というわけです。

日曜大工が得意な方に限られてしまうかもしれませんが、自分の好きなスペースに、ぴったりと合った低価格の収納ボックスを用意するとなると手作りというのはとてもいい考えだと思いませんか?

関連エントリー

Copyright © 2011 収納家具を上手に使う!収納ボックス活用術. All rights reserved