トップページへ戻る > スペーツ節約

スペーツ節約

収納ボックスは大きさや形、素材などでさまざまな特徴を持っています。
その用途も収納するものにあわせて使い分ければ、すっきりと片付けることが可能です。

これまで片付けるのか苦手で、押し込んでいるような状態だった人でも、収納ボックスを使いこなせば、あっというまに収納上手になってしまうでしょう。

収納ボックスの種類は多種多様。ちょっと選び方を変えるだけです。
収納ボックスにも適材適所があります。ただ詰め込むだけでは片付けにならないし、自分の必要なものを必要なときに利用できなければ散らかっているのと変わりないでしょう。

便利な機能や工夫されたデザインの収納ボックスをどう利用するか、それらを考慮して収納ボックスを使いこなすのかがポイントですね。

収納ボックスと聞くと、箱と硬いというイメージを持ちませんか?衣類を入れる、収納ボックスなどは該当するかもしれませんが、布製のもの、ダンボール素材の物と、何もプラスチック製のものだけはありません。縦長の物、横長の物と、収納ボックスといっても、形も種類もさまざまあります。

関連エントリー

Copyright © 2011 収納家具を上手に使う!収納ボックス活用術. All rights reserved